プロペシアが効かない人とは?詳しく解説

AGA

プロペシアが効かない可能性がある!?

プロペシアを購入したにも関わらず、その薬が効かない!と感じる人もいるという話があります。

本来プロペシアは、ハゲの治療を目的として処方されている薬です。

だからこそ、せっかく髪の毛が減ってきたから購入したのに、効果がなければ意味がありませんよね?

では、本当にプロペシアが効かない可能性がある人がいるのでしょうか?

そして、その理由や効かない原因などを、徹底的に説明し効かないならどういった対策をするのがいいのかを解説しましょう。

【本題】プロペシアが効かない人はいるの?

結論から言うと、プロペシアが効かない人がいるのは事実です。

そもそもプロペシアは、AGAを抑制することを目的として処方される治療薬です。

そのため、AGA以外が原因でハゲている人には効果がないと言われています。

AGAとは、男性型脱毛症とも呼ばれる男性ホルモンが原因でハゲる症状のことです。

男性ホルモンにはテストステロンと、ジヒドロテストロン(DHT)の2種類があります。

このうちAGAに直接関係がある男性ホルモンはDHTの方です。

少し細かく説明すると、テストステロンが5αリダクターゼという体内の酵素と結びつくと、DHTが生成されてしまいます。

そして、このDHTが髪の毛の脱毛効果を出しています。

プロペシアには、5αリダクターゼを阻害する効果があるため、AGAの対策には効果的な治療法と言われています。

しかし、プロペシアが効かない症状の場合には、別の要因でハゲ進行が進んでいる可能性が考えられますよ。

プロペシアが効かないハゲのタイプ

プロペシアはAGAのための処方薬というお話をしました。

では、プロペシアが効かないハゲは何が原因なのでしょうか。

実は、ハゲる要因はその原因は複数存在し、それぞれ対処法も異なってきます。

主な原因は栄養不足・血行不良・頭皮環境の悪化・ストレスと言われています。

これらが原因のハゲはプロペシアでは効果が期待できないため別の対処法が必要となってきます。

ではそれぞれどのような対処法が必要なのでしょうか。

栄養不足によるハゲ

まずは、栄養不足によるハゲから見てみましょう。

髪の毛は、放っておけば産毛を生やして、生えそろってくれるものではありません。

髪にはある栄養を養分として生成され、そこからさらに栄養を摂ることによって、太く丈夫に成長していくものです。

そのため、髪の毛は栄養が不足すると全体的に痩せ細っていき、段々と弱々しい髪になってしまいます。

ですので、髪の成長に必要な栄養素を摂る必要があります。

その栄養素は亜鉛・タンパク質・ビタミンの3つです。

亜鉛とタンパク質は、髪の毛を生成してくれるケラチンという成分に変換されて、髪の毛そのものを成長させてくれる効果が期待できます。

ビタミンは、その亜鉛やタンパク質を補助してくれる成分で、髪の毛の生成をサポートしてくれるのです。

この3つの栄養をバランスよく摂取することで、髪の毛の生成に必要な栄養素を、効率よく摂ることができるますよ。

血行不良によるハゲ

プロペシアが効かないハゲの原因2つ目は、血行不良です。

血液には頭皮に栄養を運んでくれる役割があります。

つまり、血液は髪の毛の成長や生成の大きな役割を担っているのです。

ですが、この血行が流れにくい状態、すなわち血行不良になってしまいますと頭皮に流れる血流が減ってしまいます。

そうすると、髪の毛の成長に必要な栄養が足りなくなってしまうのです。

血行不良の原因は複数考えられ、主に食事の栄養が偏っていること・運動不足・ストレスなどがそれに該当します。

頭皮は体の他の部位とは違い意識的に動かせる場所ではないので、血行不良になりやすいです。

頭皮に血流がしっかり行き届いているかどうかは、頭皮を指で動かしたときに皮膚がきちんと動くかどうかで判断可能です。

対策として定期的に頭皮マッサージをすることで頭皮を意識的に動かし、血行不良を改善することができますよ。

頭皮環境の悪化によるハゲ

プロペシアが効かないハゲの原因3つ目に紹介するのは頭皮環境の悪化です。

頭皮にかゆみがある、フケがひどい、赤みがあるという方は頭皮環境が悪化している恐れがあります。

頭皮環境が悪いというのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態です。

髪の毛は毛穴から生えてくるので、毛穴に汚れが詰まっているとどうしても健康的な髪の毛は生えにくくなってしまうのです。

まずは頭皮の余計や皮脂や汚れを落とすことから始めましょう。

毎日シャンプーができていない方は、頭皮環境の悪化に自覚があると思います。

毎日シャンプーをすることで改善できるでしょう。

しかし、シャンプーのしすぎもまた頭皮環境を悪化させると知っていましたか?

フケやかゆみ、頭皮アブラが気になっている方の中には、シャンプーを過剰にしてしまう方がいます。

シャンプーのしすぎは頭皮を乾燥させてしまいます。

頭皮は、その乾燥に対応しおうと余計に皮脂を分泌するようになってしまうのです。

自分に合ったシャンプーで髪を毎日適度に洗うのが、頭皮環境を清潔な状態に保つコツです。

どうしてもフケやかゆみが気になる人は皮膚科で直接見てもらうのもオススメですよ。

ストレスによるハゲ

ストレスによるハゲもまた、プロペシアが効かないハゲの症状の1つです。

ストレスなどの、精神的な要因でハゲてしまう可能性は十分にあり、円形脱毛症抜毛症などがそれに該当します。

こういった症状が確認された場合には、皮膚科や精神科で診てもらいましょう。

ストレスが原因のハゲはストレスを解消することが一番です。

ストレスの発散方法は人それぞれですが、体を動かす発散方法から、声を出して発散する方法もあります。

趣味を満喫してストレス解消するのもいいでしょう。

自分の合った方法でストレスを解消し、早めにハゲ進行をストップさせるようにしましょう。

女性のハゲ

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)に効果的な治療法と説明しました。

そのため、女性にはプロペシアが効かないです。

効果がないどころか、女性がプロペシアを使うのは危険でもあります。

特に妊娠中の方は、副作用で受胎中の胎児に、悪影響を及ぼす可能性があります。

女性の方はプロペシアを使用しないことはもちろん、身近にプロペシアを使用している方がいたらその取り扱いに十分に注意してもらうようにしましょう。

【最後に】AGAの人にはプロペシアは絶対に効くの?

AGA以外の人が、プロペシアを使用しても効かないのは説明しました通りです。

しかし、AGAの症状であってもプロペシアは絶対に効くのかと言いますと、残念ながら効かない人もいます。

それは、クリニックなどの公開している文言からも確認できます。

個人差はあるものの、プロペシアの効果を実感できるまでには連日投与を続けて3~6ヶ月程度の期間を要すると考えられています。「効果が確認できるまで、通常は6ヶ月の連日投与が必要である」という説明は、添付文書にも記載されている内容です。また、添付文書には6ヶ月以上投与しても進行遅延が見られない場合は、投薬を中止するように記載されています。これは6ヶ月以上服用して効果が無い場合、期待値がグッと下がるので継続して服用する必要性を充分検討した方が良いということです。
当院では「比較的若い年齢(20~40歳くらい)」で「頭頂部で進行している薄毛」の患者様では6ヶ月では効果が無くても1年の服用で効果が実感できた方もいらっしゃるので、ご年齢や薄毛の進行箇所によっては1年の服用をお勧めする場合もあります。

出展:浜松町第一クリニック

このような文言からも、プロペシアが確実に効くという話はなく、3~6ヶ月の連日投与で成果がないなら使用を停止するのを勧めています。

ですので、プロペシアはたとえAGAであったとしても、効かない可能性もあるようです。

まとめ!

ハゲの症状によってはプロペシアが効かない人がいるとわかりましたね。

またハゲる原因も様々で、栄養不足や血行不良や頭皮環境の悪化やストレスと、生活習慣に関係するのものも多いです。

そのため、生活習慣を正すことで、プロペシアを使用せずともハゲ進行を阻止できる可能性も見えてきます。

プロペシアはAGA対策として有効な手段ではありますが、効かない人もいることは念頭に置いておくといいかもしれませんね。