睡眠不足でハゲる?ハゲないための正しい睡眠習慣とは

ハゲ

睡眠不足でハゲるって本当なの?

睡眠不足が、ハゲの原因になるという話を聞いたことはありませんか?

実は、ハゲは睡眠と大きな関係があると言われています。

この記事では、睡眠とハゲの関係について詳しく解説していきます。

また、睡眠不足の改善方法やハゲに効果的なケア方法もご紹介しますよ。

睡眠がしっかり取れていなくてお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【本題】睡眠不足でハゲる?ハゲない?

睡眠不足は、本当にハゲを引き起こす原因になるのでしょうか?

結論を言うと、睡眠不足はハゲに関係があります。

睡眠時間が十分とれていないと、身体には以下の様な症状が現れます。

  • 成長ホルモンの分泌が減る
  • 血行不良になる

睡眠不足による成長ホルモンや血行不良は、抜け毛やハゲと密接な関係があります。

下記で詳しく解説していきますね。

成長ホルモンの分泌量が減るから

睡眠不足がハゲを引き起こす原因の1つ目は、成長ホルモンの分泌量が減ることです。

成長ホルモンは、髪の毛を生やしたり、成長させたりするとても大切な役割を担っているもの。

また、日常生活の中で刺激を受けた毛穴の修復などもしてくれているんです。

成長ホルモンが減少すると、その働きが低下して髪の毛が生成されにくくなってしまいます

そんな成長ホルモンですが、実は寝ている間に一番多く分泌されるのを知っていますか?

成長ホルモンは睡眠が深くなったときに多く分泌されるため、睡眠不足が続いていると分泌量が減少します。

すると、髪の毛の生産量が減ってしまったり、抜け毛が増加したりしてハゲてしまうこともあるのです。

成長ホルモンをしっかり分泌させるためにも、睡眠不足を解消させることが大切ですね。

血行不良になるから

睡眠不足でハゲてしまうもう1つの理由は、血行不良です。

私たちの身体は、2つの自律神経がバランスを取りながら健康を維持しています。

1つは日中などの活動的な時に優位になる交感神経と、もう1つがリラックスしている時や睡眠中に働く副交感神経です。

眠りをしっかりと取っている時は、副交感神経のスイッチが入り血管が広がります。

しかし夜中も起きていて睡眠が不足すると、交感神経がずっと優位のままに。

すると血管が収縮している状態が続き、血行が悪くなってしまうのですね。

血管は栄養素を運ぶパイプの役割をもっていて、髪の毛はその栄養を受けとって成長することができます

つまり血行が悪いと栄養素が不足してしまい、髪の毛の成長がとどこおってしまうのです。

睡眠不足が長引くと次第に自律神経のバランスも崩れはじめ、ますます眠りに入りづらくなるなど、身体や髪の毛にとっては悪循環となってしまいます。

このように、睡眠不足は髪に大きな影響を与えるということを覚えておきましょう。

ハゲないための睡眠習慣を紹介

上では睡眠不足がハゲを引き起こす原因についてお伝えしてきました。

次はその原因を踏まえて、ハゲないための睡眠習慣について下記の順にご紹介します。

  • 7~8時間寝る
  • メラトニン分泌を促す
  • 寝る前の食事は控える
  • 寝る前のカフェイン・過度な飲酒は控える
  • 長時間の昼寝は控える

必要な睡眠時間や質を改善する方法などを、詳しくお伝えしますよ。

ハゲでお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

7〜8時間寝る

ハゲないための睡眠習慣1つ目は、7~8時間寝ることです。

髪の毛の生成や毛穴の修復を促す成長ホルモンは、深い眠りに入った頃に分泌されます。

眠りが浅いと、成長ホルモンが十分に分泌される前に目覚めてしまう可能性もあります。

成長ホルモンを安定して分泌させるために、推奨されているのが7〜8時間の睡眠なんですね。

ただ、ベストな睡眠時間は生活環境や体調などで人によって違うので、自身で微調整してみるといいでしょう。

6時間にも満たない方などは、ハゲ改善のためにもまずは寝る時間をしっかり確保することを意識してみてくださいね。

メラトニン分泌を促す

ハゲないための睡眠習慣2つ目は、メラトニンの分泌を促すことです。

メラトニンとは、脳内で生成される「眠りを促す」ホルモンの一種

メラトニンは目から入った光の量に影響を受けて、分泌量が調整されます。

光が多い昼間は分泌量が少ないですが、暗くなった夜には分泌量が昼間の10数倍に増加し、眠りを促してくれます。

しかし、メラトニンの分泌が少ないといつまで経っても眠たくならず、なかなか寝つけない状況に…。

メラトニンの分泌量が減ってしまう理由として、寝る前のスマホやPCの利用も挙げられます。

ブルーライトを目にすることで脳が覚醒し、自然な眠りにつきにくくなってしまうのですね。

寝つきが悪くてお悩みの方は、寝る直前はブルーライトを目にすることは避けるようにしましょう。

また、メラトニンは朝日を浴びてから14〜15時間後から分泌され始めると言われています。

そのため、朝は日光をしっかりと浴びることで体内時計が調整され、夜には自然な眠気が促されやすくなりますよ。

ハゲを改善するためには、体内時計を整えることも大切ということを覚えておきましょう。

寝る前の食事は控える

ハゲないための睡眠習慣、3つ目は寝る前の食事は控えることです。

食事をしたあと、胃腸では消化吸収活動が行われています。

この消化吸収の働きは、食後から約3時間ほどは続くと言われています。

つまり、食後すぐに眠りについたとしても、実は身体はしっかりと休まることができていないのですね。

入眠後から2〜3時間後には目が覚めてしまうという方は、直前に食事をしていないか思いかえしてみましょう。

とはいえ空腹で眠れない、という場合もかえって髪の毛にとっては悪影響を与えてしまいます。

そんな時は身体の修復機能にも関わり、髪の毛の材料にもなるタンパク質を摂るのがおすすめ

中でも豆乳はハゲ改善には嬉しい栄養素が豊富で、消化も良いので、空腹で眠れずに悩んでいる時はぜひ取り入れてみてくださいね。

寝る前のカフェイン・過度な飲酒は控える

ハゲないための睡眠習慣4つ目は、寝る前のカフェインや過度な飲酒は控えることです。

カフェインには眠気を抑制する作用があります。

そのため、睡眠前に摂取すると睡眠不足の原因になってしまうことがあるのです。

一方で、アルコールは寝酒とも言われることもあり、反対に眠りにつきやすいというイメージがあるかもしれません。

実際、アルコールを摂取すると睡眠に入るまでの時間はたしかに短くなります。

しかし、アルコールは肝臓で分解される際に深い眠りを妨げる「アセトアルデヒド」という成分に変化。

途中で目が覚めたり深い眠りにつけなかったりして、睡眠不足になってしまう可能性が高いんですよ。

結果、成長ホルモンが十分に分泌されずハゲの原因になってしまうので、カフェインやアルコールにも注意しましょう。

長時間の昼寝は控える

ハゲないための睡眠習慣5つ目は、長時間の昼寝を控えることです。

睡眠不足が続くと、どうしても昼間に眠くなってしまいますよね。

でも、長時間の昼寝は体内時計を狂わせるため、夜に眠れなくなってしまいます。

すると、結果的に睡眠不足につながり成長ホルモンの分泌量も減ってしまうのです。

髪の毛へ及ぼす影響を考えると、長時間の昼寝はおすすめできません。

とはいえ、昼間の眠気を無理に我慢していると作業効率も落ちてしまい身体にとっても負担ですよね。

そこでおすすめなのは、15~20ほどの短時間の昼寝です。

短時間の昼寝は、疲れを取るだけでなく、自律神経を整えて血行を促進させる働きもありますよ。

ハゲの対策としても有効的なので、毎日昼食後などに短時間仮眠する時間を取ってみてくださいね。

どうしても睡眠がおろそかになる人の対処法

上記では、ハゲないための睡眠習慣についてご紹介してきました。

できれば睡眠習慣を改善することがベストですが、仕事や環境的に難しいという人もいますよね。

そんな人は育毛剤などのアイテムを使用して、ハゲを予防するのも有効ですよ。

今回は、男女別におすすめの育毛剤をご紹介します。

  • 男性はプランテルEX
  • 女性はルルシア

ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性はプランテルEX

睡眠不足によるハゲが心配な男性におすすめの育毛剤は、プランテルEXです。

プランテルEXの主な成分は以下のとおりです。

  • ペブプロミンα
  • リデンシル
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • センブリエキス
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩

男性の場合、ハゲてしまう原因には睡眠不足も影響していますが、ほとんどはAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

AGAが引き起こされるのは、DHTと呼ばれる男性ホルモンが過剰分泌されることにあります。

そんなAGAに対抗すべく、開発されたのがプランテルEX。

独自配合成分のペブプロミンαは女性ホルモン作用を持つ天然成分から作られ、男性ホルモンのDHTの抑制に役立つという結果が出ています。

また、リデンシルは毛母細胞を活性化し発毛を促進する効果が期待されている注目の成分ですね。

プランテルEXにはこのリデルシルが、業界最高濃度と言われる5%も配合されています。

そして、グリチルリチン酸ジカリウム・センブリエキス・ジフェンヒドラミン塩酸塩の3つの有効成分で、頭皮環境を整える効果も期待できます。

人気の定期お届けコースは、通常13,800円のところ、9,700円で購入が可能です。

睡眠不足の改善は難しいけど、ハゲの対策はしておきたいという男性におすすめの育毛剤と言えるでしょう。

女性はルルシア

睡眠不足が原因でハゲでお悩みの女性におすすめしたい育毛剤は、ルルシアです。

女性は生活環境の変化やホルモン周期の影響で、夜寝たくても寝れないこともありますよね。

ルルシアはそんな女性のお悩みに寄り添った、2種類の育毛剤を展開

  • ルルシア ルフレ
  • ルルシア シャルム

ルルシア ルフレは年齢を重ねた女性や出産後にハゲが進行してしまった女性におすすめ。

配合されている天然成分には植物性エストロゲンが含まれていて、女性ホルモンと似た働きをしてくれます。

頭皮を若々しく保ち美しい髪を育む7種類のエイジングケアを配合し、ボリュームアップをサポートしてくれるでしょう。

ルルシア シャルムはライフスタイルが乱れがちな女性向けに開発されました。

髪の毛を成長させるのに欠かせないケラチン・アミノ酸・ビタミンをはじめ、保湿成分をバランス良く配合。

これらの成分はナノ化して配合されているので、届けたい場所にしっかりと浸透してくれます。

睡眠不足による血行不良で髪に栄養が行き届いていない方でも、外から頭皮ケアできるのが嬉しいですね。

通常価格は6,980円ですが、定期コースを選択すると初回は980円という低価格で購入できますよ。

2回目以降も4,980円と、お得で続けやすい価格も女性に嬉しいポイントですね。

まとめ!

今回は睡眠不足でハゲになってしまう原因と、その対策についてご紹介してきました。

睡眠不足は身体にはもちろん、髪の毛の成長にも影響を与えてしまうもの。

睡眠習慣が乱れているという方は、まずは体内時計をしっかりと整えることが大切です。

また、より効果的なケアをしたいという方は、外からハゲにアプローチできる育毛剤の使用も視野に入れるといいでしょう。

まずは日々の生活習慣の中で、改善できそうなところから取り組んでみてくださいね。